忍者ブログ

インターネット界隈の事を調べるお

ファンコミ16年分の業績や生産性、従業員数などの推移をぼんやり眺めた

昨年末に(いくつかある)弊社の一つの会議で「生産性を高めていこう」というような話をしたんです。その際に4年前に書いた「ASP4社の生産性」についての記事を引用して説明したのですが、その中で一番生産性が良く、参考にしなきゃなーと思ったファンコミについて改めて見てみました(一人当たり売上利益比較のネタはいまや戯言さんのシリーズになってしまったので今回はファンコミだけです)。

ファンコミ業績

まずはざっと第2期(2000年12月期)から第17期(2015年12月期)の業績推移を。第2期は売上高1,744万円、経常損失1億170万円。翌第3期は売上高は約2億円と伸ばしますが、経常損失は前期並の1億ちょっと。さらに第4期は売上高約4.9億円と飛躍し、経常損失も7,600万円に。そして第5期(2003年)に売上高10億円突破し、黒転します。ヤナティさんの先日のブログ記事でも「市場が立ち上がった感触を得るのは2002年過ぎ」と書かれていましたね。

市場が立ち上がり、売上も格段に伸び、黒字化し、ジャスダックに上場。しかし数字的に見ると2006〜2008年は横ばいに。この時期はグレーゾーン金利の問題などで金融系アフィが一気に減った時代。某A社の「07ショック」など、ASPには厳しい時代だったのかもしれません。

やはり飛躍のきっかけは「nend」の投入。スマホシフトが進む中で上手く流れをつかみ、急拡大に繋がりました。2014年には東証一部に市場変更。名実ともにネット広告を代表する企業になったと言えるのではないでしょうか。


ファンコミ生産性

さて、次が本題の生産性について。従業員(正社員)一人当たりの売上高と経常利益の推移。2004年以降従業員一人当たり6,000万円前後の売上高、1,000万円前後の経常利益を出しています。これはこれで優秀ではありますが、「nend」大ブレイク以降はさらに優秀で、2015年度は従業員一人当たり1億2千万を売上げて、2,000万円の経常利益を作っています。臨時雇用者を含めても一人当たり約1億円の売上、1,800万円の経常。なかなかこの数字を「弊社」でも実現するのは難しいけど、頭を使ってどうにか近づけていければなぁと。


ファンコミ従業員数

最後に従業員数の推移。臨時雇用者含めると2015年は350人。格段に正社員数が増えたここ数年は臨時雇用者の割合は20%を切るくらい。それ以前は25%前後。この辺の割合については他社の事例も調べてみて参考にしようと思います。


というわけで長々と書いてきましたが、参考にできそうなとこは取り入れて、みなさんも良い会社にしていってください。僕もがんばります。



「Fintechの雄」GMOペイメントゲートウェイの見事な業績推移と意外と知らない沿革

かつて所属していた会社(今も非常勤で所属してるけど)の関係で昔からいろいろとお世話になっていたGMOさん。そのグループ会社の中でも一際調子が良さそうなのが決済事業をやってるGMOペイメントゲートウェイ。去年「株価が好調そうだよ」って記事を書いたけど、チャートを見ると今年の始めにかけてさらに上昇したみたい。今は少し落ち着いて時価総額は約1,900億円くらいですが、それでもGMO本体より高い。いろいろ興味深い。

GMOペイメントゲートウェイ

2000年以降の売上高、経常利益の推移なんですが、見事なグラフが出来上がりました。曲線を描きながら伸びる数値。いやぁ凄い。

さてそんなGMOペイメントゲートウェイですが、その沿革はあまり知られていません。設立から上場までを中心に沿革を図にしてみました。

GMOペイメントゲートウェイ

元々は1995年に設立されたカード・コール・サービス社(以下C社)が始まり。その後インテグラン社が親会社になり、2000年4月には現在GMOペイメントゲートウェイ代表の相浦さんがカード・コール・サービス社の代表に就きます。直後にインテグランがエムティーアイにC社の株を売却し、エムティーアイがC社の親会社になり、C社はカードコマースサービス(以下CCS社)と社名変更します。

しばらくして、GMO(当時はグローバルメディアオンライン)がCCSホールディング社(CCS社を所有することを目的とした持株会社)を買収。それによりCCS社はGMOグループ入りします。

一方1999年に設立され、現GMOペイメントゲートウェイ社取締役副社長の村松さんが代表を務めていたペイメント・ワン社。2002年にGMOグループ入りし、事業を運営してましたが、2004年11月にペイメント・ワン社のクレジットカード決済事業をCCS社に譲渡します。

そういう流れの元、2005年2月にCCS社は新たにGMOペイメントゲートウェイと社名を変更し、現在に至るというわけです。たぶんこんな流れです。


今風に言えば「Fintech」的な会社ですが、本業だけでなく、東南アジア等でも積極的に子会社設立、投資を行っており、目が離せません。



【関連エントリー】
GMOペイメントゲートウェイが株価好調なので業績と時価総額推移を見てみた
「teacup」「ヤプログ!」のGMOメディアが上場するらしいので沿革を図にしてみたよ
グループ7社目の上場となるGMOグループ各社の直近の数字をさらっと見てみた


CROOZがゲーム事業を譲渡し「SHOPLIST」に経営資源を集中するという大胆戦略を発表!

CROOZから大きなニュースが出ましたね。

高成長のSHOPLISTへ事業構造転換 経営資源の集中のため、不確実性の高いゲーム事業を譲渡
SHOPLISTに経営資源を集中、M&Aを積極化 ファッションキュレーションメディアを取得

ここ数年はソーシャルゲーム事業とコマース事業の2本軸で業績を伸ばしていたクルーズですが、柱の一つであるソーシャルゲーム事業から撤退(社長直下の子会社でチャレンジは継続)し、もう一つの柱で業績が伸びているコマース事業(「SHOPLIST」)に経営資源を集中させるという発表。さすが思い切りが良い。

以前にも書いたのですが、やはりクルーズのピボットの思い切り、生命力は多くのスタートアップ、ベンチャーは参考にしたら良いのではないかと思っています。

クルーズ沿革

ざっくりとクルーズの沿革を描いてみましたが、営業代行や業務請負などで創業し、人材事業(後にMBOし、現在はギークス株式会社)、モバイル公式CP、モバイル検索エンジンと軸足を動かしながら、時に大胆に事業売却をし、成長を続けながら再度事業の柱をピボット。なかなかできない大胆な経営だと思うんですよねー。


【関連エントリー】
ネット企業事業別売上構成「今昔物語」
会社も人も変化に対応できるのが強いよなぁと改めて思ったCROOZさんのこれまで