忍者ブログ

インターネット界隈の事を調べるお

【第6回】ベンチャー企業の決算説明会資料で個人的に気に入ってるもの(2018年春)

みなさま、ご機嫌いかがでしょうか?なんと2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。更新もせずに何をしてたのでしょうかね。

そんなわけで今回で第6回目をむかえる「決算説明会資料」シリーズをやっていこうと思います。今回は8社。もうネット系でもないとこもあるし、ベンチャーでもないとこもあるけど気にしないでください。単に好みの資料のとこを紹介してます。



1.ミクシィ
mixi決算説明会資料
今回から少しリニューアルして個人的にすごく良くなったなぁと感じたミクシィ。基本的な配色は前と変わってないんだけど、余白などとてもスッキリと仕上がってる。



2.ウォンテッドリー
ウォンテッドリー決算説明会資料

横長系資料。あの水色を基調にスッキリとしてて好きな系統。右側に図、左側に文字という構成は意外と他にはないかもしれないなぁと。



3.オウケイウェイヴ
オウケイウェイヴ決算説明会資料

ウォンテッドリーと比べるとガツンとくるデザイン。オウケイウェイヴも少しリニューアル。事業も組織も変化の時期で、業績はとても良い。



4.シェアリングテクノロジー
シェアリングテクノロジー決算説明会資料

たまに見かける「宇宙系」の表紙のシェアリングテクノロジー社。前編宇宙感あったら嫌だなと思ったけど、中身はわりとスッキリしてた。表紙の宇宙感いるかな?笑



5.ジンズ
ジンズ決算説明会資料

ネット系じゃないとこですがメガネのJINS。凄い好みというわけではないんだけど、ファッション系企業の中では良い方。なぜかアパレル、ファッション系企業の資料は今ひとつ冴えないのが多い印象。個人的な好みの話だけど。



6.ジャフコ
ジャフコ決算説明会資料

泣く子も黙るベンチャーキャピタルの雄ジャフコ。金融系にしてはデザインが良い。配色もスッキリしてて、文字、数字のごちゃごちゃ感も比較的少ない。



7.オロ
オロ決算説明会資料

オロの資料はとても好きです。フォントも可愛いし、色数も少なく良い。事業内容は比較的堅めではあるが、デザインで可愛くできる。



8.TATERU
TATERU決算説明会資料

先日社名変更した旧インベスターズクラウドのTATERU。表紙、中表紙だけ唐突に濃紺背景なんだけど、中のポップな配色とのギャップを感じる。表紙もポップにすればいいのにな。中身は会社案内のパンフレットのような作り込みで良かった。



と、いうわけで今回は8社の決算説明会資料を紹介してみました。またいつか第7回目をやりますので、それまで良さげな資料を見つけておきます。



【過去の決算説明会資料シリーズ】
【第1回】2014年9月公開(スタートトゥデイ、エニグモ、ユナイテッド、サイバー、リブセンス、DeNA、GMO PG、アドウェイズ、CROOZ)
【第2回】2015年8月公開(コロプラ、リアルワールド、弁護士ドットコム、ザッパラス、セレス、イード、オールアバウト、メディアドゥ、さくらインターネット)
【第3回】2016年4月公開(ブランジスタ、ベクトル、ペパボ、ピクスタ、ガイアックス、ロックオン、ファンコミ、メドピア、フルスピード)
【第4回】2017年1月公開(アトラエ、Gunosy、ユーザベース、LITALICO、ネクスト、ベガコーポレーション、インタースペース)
【第5回】2017年8月公開(ほぼ日、GameWith、VOYAGE、オイシックス、PR TIMES、うるる、D.A.C.、アクセルマーク、アイスタイル、TOKYO BASE)



コイニーとSTORESが経営統合して佐藤裕介氏率いる「hey」が始動

わちゃわちゃした昨今ですが、大きなニュースがありました。コイニーとSTORES.JPの経営統合の件です。ダイナミックな動きで楽しくなりますね。

決済のコイニーとネットショップのSTORES.jpが経営統合、持株会社「ヘイ」を設立へ(TechCrunch)
コイニーとブラケットが経営統合、スマホ決済など提供 (日本経済新聞)
フリークアウトHD ヘイ株式会社及び株式会社カンムとの包括的資本・業務提携に関するお知らせ(PDF)

さすがに日経の一報は早すぎ(0時くらい)だと思うのですが、夜が明けて開示もでそろったことですし、ちょっと図にしてみました。

hey

今回の経営統合はこんな感じ。旧コイニーがheyに社名変更し、その配下に新コイニーとブラケット(このタイミングで社名変更し「ストアーズ・ドット・ジェイピー」に)を従えるというホールディングス。heyの代表取締役社長にはフリークアウトの佐藤さんが就任。今後フリークアウトからheyへの出資もあるようで、事業提携も実施。

日経の記事にもあるようにコイニー創業時のシェアオフィスにはフリークアウトやCAMPFIREなどの他、今回フリークアウトと資本業務提携を行ったカンムなどもいたようです。近くにいたからこそ切磋琢磨できたし、力を知ることができたのではないでしょうかね。

hey

新生heyのライバルとなる、BASE、PAYのメンバーもそのシェアオフィスにいたようですし、伝説のホットスポットだったんですね。そういう場所をまた作れたらいいなと思ったりしてます。関係ないですが、今日はBASEのロゴ入りパーカーを着ています。

「未来の世の中に必要な支払い環境を、PAYで整えていきたい」満を持して新設されたBASE子会社PAY 高野兼一が想い描く夢(UPSTORY)


はい、そんなわけで駆け足でまとめてみました。寒い日が続きますが、皆様ご自愛くださいませ。



※追記


夢の街創造委員会の時価総額が1,000億円を突破したようだ

朝、ネット株価を眺めてたら、夢の街創造委員会の時価総額が1,000億円を超えてた。昼前は1,100億円近くまで上がっていた。いま13時半ですが、最終的に1,000億円を超えた終値になりそうなわけで、まじすごい。年初来高値更新。しかしいつの間にこんな値上がっていたんだ…。

夢の街創造委員会
※一番右の時価総額は今日の昼前くらいのもの

2015年8月期は二桁億円後半の時価総額を基本的には推移してたようですが、2016年8月期に入ってから上がりだした。まず1Qに9,000万円ほどの特別利益が出たのに反応した感じで株価が上がり、その後の一連のLINE社とのやり取りで株価高騰。200億円を超えていきます。ただ急騰したのは2017年になってからのようなので、株価高騰の原因は正直よくわからない。

朝日新聞との提携によって新聞配達店の皆さんをデリバリー要因として活用していく取り組みはなかなか面白い。需要が高まってもデリバリー要因を確保できなければ配達できないので、良さそうな提携だなと。双方にメリットがある。

夢の街創造委員会
参照元 http://www.yumenomachi.co.jp/ir_information/ir_top.html

各種数値を見る限り好調そうではある。1オーダーあたりの売上高は今後も変わらないと思うので、アクティブユーザーを増やし、アクティブユーザーあたりの単価を上げて、利用回数を上げる、という基本的にはシンプルな方程式だと思うので、その辺の施策を粛々とやっていくというとこでしょうかね。


【関連エントリー】
今年株価が凄い上がってるネット系企業28社「今年株価が上がったのはアエリアだけじゃなかった!」
イケメン劇団員の活躍で去年夏から最大10倍の株価になったアエリア
3年で売上が7分の1になり、そこから25倍以上にまで成長したメディアドゥの底力
metapsのアプリ収益化プラットフォームの方の伸びが凄い件