忍者ブログ

インターネット界隈の事を調べるお

今年株価が凄い上がってるネット系企業28社「今年株価が上がったのはアエリアだけじゃなかった!」

先日「アエリアの株価が凄い上がってるよ」的なエントリーを書きましたが、誰かが「ドリコムとかアトラエ、Gunosyあたりも上がってる」と言ってた気がしたので、他のネット系企業の株価をいろいろと調べてみました。ついでにPERも。今年最初の1月4日の終値と昨日(8月15日)の終値の比較です。3月期決算とかは前期純利益、12月決算とかは今期の半期累計の倍した純利益の数字を元にPERを出しました。

調べ方は「株価高騰してそうな会社を適当にヤフーファイナンスで調べていった」だけなので、他にも高騰してる会社あるかもしれませんが、あしからず。

ネット系企業の今年の株価上昇

やっぱりアエリアは今年始めと比べても3倍以上の値がついてますね。KLabやオールアバウトも3倍以上になってる。前述のドリコム、アトラエ、Gunosyもやはり大幅に上がっています。PERで見るとVOYAGE、ファンコミあたりの広告系が割安感ありますが、どうなんでしょうね。

「時価総額1兆超えたぜ」と社長がツイートしていたスタートトゥデイも今年ぐいっと値上がった会社の一つ。ネクソンも何げに時価総額「兆超え」なんですね。サイバーは先行投資で純利益が少なかったのでPER高めです。enishやエムアップは昨日の値でも相当高騰してますが、enishは先月くらいはこれより1.5倍くらい高値がついてたし、エムアップも5月には3.5倍くらいの値になってた。わからないものです。

というわけで、2回連続で図ではなく表になってしまいましたが、次回は五反田地図を予定しております。



【関連エントリー】
去年はアトラエなど人材系企業がわりと上場したけど、初値とかどうだったんだろうか?
イケメン劇団員の活躍で去年夏から最大10倍の株価になったアエリア
2008年10月、エムスリー836億、スタートトゥデイ218億、ガンホー95億


去年はアトラエなど人材系企業がわりと上場したけど、初値とかどうだったんだろうか?

「きっとみんなお盆休みで電車空いてるだろうな」と思ったのですが、意外と混んでて「これが日本」と思った朝でした。そんなことはどうでもよくて、去年人材系企業が何社か上場したのでいつか調べたいと思ってたところに、先日大物のウォンテッドリーに上場承認が降りたじゃないですか。公開価格ベースだと40億ちょっとというので「これは高騰しそうだなー」と思ったので、去年上場した人材系企業の初値なんかはどうだったかを振り返ってみました。

いろんな人材系企業があったんですが、その中でウォンテッドリーと近しいと思われるグローバルウェイ、アトラエ、キャリアインデックスを並べてみました。

ウォンテッドリーの株価はどのくらいつくのか

公開価格を上回ってみんな初値がついてますが、グローバルウェイが特に高騰してたようです。ウォンテッドリーはこの中だとアトラエに近いと思うので、値動きなどを参考にするといいのかも。ちなみに現在の時価総額は各自調べていただければ幸いです。

人材系企業業績推移

ちなみにこちらがグローバルウェイ、アトラエ、キャリアインデックスの四半期ごとの売上、経常の推移。アトラエの利益率が優秀。グローバルウェイは買収や出資、拠点新設などわりと攻めてる印象あるので、今後に期待。

といった感じで、図も無く、ゆるいエントリーになってしまいましたが、これからも頑張っていきたいと思います。今月は五反田地図の更新を予定しております。



【関連エントリー】
すごいオフィスに移転したWantedlyだけど、サービスもすごい伸びてるっぽい
意外と知られていない?京大出身のITベンチャー起業家、重要人物まとめ
B向けサービスに詳しい「インプットをアウトプットするブログ(ダシイレ)」の鈴木さん(ダシイレ)にインタビューしてみた



【第5回】ベンチャー企業の決算説明会資料で個人的に気に入ってるもの(2017年夏)

定期的にやっております「気に入ってる決算説明会資料」シリーズですが、なんと今回で5回目になるようです。第一回目から3年の月日が経っているので、過去に取り上げた企業もCI変更してたり、デザインリニューアルしてたりと変化があるのでそのうちまた取り上げようと思いますが、ひとまず今回は新規の企業だけを取り上げてみました。


1.ほぼ日
ほぼ日決算説明会資料
糸井重里氏率いるほぼ日。手帳の売上が7割くらいあるので四半期によって売上が結構違う。資料の特徴としては、書かれているテキストが口語というか柔らかい。まるで糸井氏が話しているかのような言葉で書かれているのが他社と大きく違う点。余白の多さも良い。


2.GameWith
GameWith決算説明会資料
先日上場した平成生まれの今泉社長率いるGameWith。横長のスライド。最近ちらほら見かける。コーポレートカラーの緑でほとんど作られていて、一部同系色が使われているが、全体的に色数が少なくて好み。


3.VOYAGE GROUP
VOYAGE決算説明会資料
表紙はドーンと黒背景。中身は白背景ですが、グレーを基調に構成されていて、色数も少なくて好みのカラーリング。構成的にはオーソドックス。


4.オイシックス
オイシックス決算説明会資料
先日会社名を「オイシックスドット大地」に変更し界隈が少しざわついたオイシックス。次回からがらっとデザインが変わるかもしれない。「自然」を思い浮かべるキーカラーで企業、サービスの特徴を表してるなーと。


5.PR TIMES
PR TIMES決算説明会資料
ネイビーがきれいなPR TIMESの決算説明会資料。上記GameWith同様、かなり色数が少ないのでさっぱり爽やか。フォントも細くてこだわってる感ある。


6.うるる
うるる決算説明会資料
今年上場したうるる。クラウドソーシング「シュフティ」がメインかと思いきや、個人的にはかなり「なるほど」と思ったビジネスモデルで興味がある会社です。オレンジ系のキーカラーでまとめられてます。全体的にすっきりしてる気がします。


7.D.A.C.ホールディングス
DAC決算説明会資料
DACとアイレップが合体してできたDACホールディングス。DACっぽい寒色とアイレップっぽい暖色がうまくまざりあってます。色数が少なく、余白も適度にあってすっきりしてます。


8.アクセルマーク
アクセルマーク決算説明会資料
コーポレートカラーのオレンジを中心に個人的に好みの配色でまとめられてるアクセルマークの決算説明会資料。非常にわかりやすい資料じゃないかと思います。


9.アイスタイル
アイスタイル決算説明会資料
過去に取り上げていたと思ってたけど取り上げてなかったアイスタイル。黄緑を中心に色数少なくまとめられています。情報量が多く、前に取り上げたGMOペイメントゲートウェイに似てる気がします。勉強になる資料。


10.TOKYO BASE
TOKYO BASE決算説明会資料
STUDIOUS、UNITED TOKYOなどを展開するアパレル企業。「ネット系」ではないのですが、EC比率が比較的高いのが特徴なので取り上げてみました。カッコ良くモノトーンでまとめられた資料でオーソドックスな作りですが、スタイリッシュ。



というわけで10社取り上げてみましたが、どうですか?また半年から一年後くらいに第6回をやろうと思います。あと「勝手に決算説明会資料を作ってみた」という企画を近々やってみようと思いいます。


【過去の決算説明会資料シリーズ】
【第1回】2014年9月公開(スタートトゥデイ、エニグモ、ユナイテッド、サイバー、リブセンス、DeNA、GMO PG、アドウェイズ、CROOZ)
【第2回】2015年8月公開(コロプラ、リアルワールド、弁護士ドットコム、ザッパラス、セレス、イード、オールアバウト、メディアドゥ、さくらインターネット)
【第3回】2016年4月公開(ブランジスタ、ベクトル、ペパボ、ピクスタ、ガイアックス、ロックオン、ファンコミ、メドピア、フルスピード)
【第4回】2017年1月公開(アトラエ、Gunosy、ユーザベース、LITALICO、ネクスト、ベガコーポレーション、インタースペース、)